東京スター銀行カードローンの審査は営業と経理のどちらが通りやすいか

東京スター銀行カードローンもそうですが、いったいどんな人が審査に通りやすいのか、そこを知りたいという人も多いのです。

自分が経理だから、実は審査に通らないのではないか、営業だから有利なのではないかということは常に議論の的になるでしょう。

営業と経理のどちらが通りやすいか

審査ということを考えた場合、東京スター銀行カードローンも簡単ではありません。

銀行カードローン全般に言われることですが、消費者金融に比べると、かなり厳しい審査が待っています。

当然のことですが、どんな仕事についているのか、年収はどれぐらいなのか、勤続年数はどれぐらいかということで、返済能力を見ていきます。

そこには、会社のネームバリューなども関係したりするのですから、業務内容や部署は大きな影響を与える要因だといえるでしょう。

 

では、経理と営業どちらが審査に通りやすいのかといえば、一概に言えるわけではありません。

東京スター銀行カードローンも、審査の基準は常に一定というわけではなく、変化する可能性もあるからです。

ですが、営業より経理のほうが審査は通りやすかったりするデータがあります。

一見すれば、営業のほうが高収入になる可能性が高く、審査も通りやすそうに見えるでしょう。

しかし、審査で重要視されるのは、安定性のほうが比重は高いからなのです。

高額なのは営業職だけれども

営業職は、歩合になっていることも多く、収入は高くなりやすい側面がある一方、急激に下がる可能性も持っています。

転職や独立もしやすい性格を有しており、変動するリスクを抱えなければいけません。

ところが、経理職という仕事は、会社の重要データを握っており、あまり転職したりしないでしょう。

他の会社へ移ったとしても、やり方が全く異なると、仕事がうまくいかない可能性も持っているからです。

 

安定しているということは、返済も安定するということを指します。

銀行としては、一括返済できる可能性があるような高額とりよりも、安定して返済をしてくれる顧客を好む部分が、如実に表れているといえるのです。

コメントを残す