東京スター銀行カードローンを使い銀行に対する信用度を上げるために

東京スター銀行カードローンを申し込んでいる場合に、将来的に限度額を増額してほしいと思っている人は間違いなくいるでしょう。

金利の交渉も重要ですが、限度額の交渉もできることならばしたいところです。

そのためには、信用されることがポイントとなりますが、どうしたら信用度を上げることができるのかということを知らないと、確実に損をしてしまいます。

4日という微妙な日をうまく活用

銀行に対する信用度というものは、ほんの少しの工夫で変えていくことができるのです。

しかし、東京スター銀行カードローンを考えても、借りたら返済するということの繰り返しだけで、どこに工夫があるのか見当たらないことでしょう。

そこが落とし穴になっているのです。

 

方法としては、いたって簡単です。

返済日が4日に固定されているのですから、もっと早く返済すればいいだけのことになります。

よく考えてみると、中途半端な毎月4日です。

5日給料の人は、かなり予定していなければ返済できません。

月末や月初の人、25日の人も、うまく合うような日ではないでしょう。

だからこそ、返済日は26日に設定されたりするものなのです。

ここをうまく活用し、最低でも4日前あたりに返済してしまうのです。

 

単純に考えれば、月末には返済を続けていくだけで、銀行に対する評価は上がっていくことになるのです。

これが大きなポイントとなるのですから、活用しない手はありません。

裏付けデータがあるからこそ

なぜ、信用度を上げることができるのかといえば、まじめに返済する人で信用できるということにつながるからです。

非常に単純な図式ですが、実際にそうした行動に出る人は少ないといえるでしょう。

 

データ的にも、前倒し返済する人は、返済が遅れたりする確率が低くなるということがわかっています。

繰上げ返済をする人に関しても、同じような傾向がみられるため、こうした行動をとる人は信用されていくということになるのです。

 

4日は、かなり中途半端な返済日であり、変更することができません。

うまく活用することができれば、どんどんプラスになっていくのですから、活用していくべきでしょう。

コメントを残す