東京スター銀行カードローンの固定金利のメリットとデメリット

東京スター銀行カードローンの場合、メリットもはっきりしていますが、デメリットもかなり明確に出てきます。

このあたりの判断が難しいところではありますが、銀行カードローンの中では上限金利が低く、即日融資につなげることができるということを考えれば、かなりのメリットであることは間違いありません。

ただし、固定金利になっていることが、メリットでもありデメリットにもなってしまう諸刃の剣であることを理解しておかなければいけないのです。

固定することがデメリットになる可能性

東京スター銀行カードローンの最大の特徴ともいえるのが、固定金利にあります。

どんな借入金額であっても、金利は変動しません。

もちろん、借入金額だけではなく、限度額にも左右されることがないのは、計算しやすくなるメリットを持っています。

変動してしまうことにより、どうしてもいつ終わるのか、いったいいくら返済すればいいのかわかりにくくなることになるでしょう。

ここに大きなデメリットがあります。

固定金利になるということは、低額の融資を受けている間は、かなりプラスに働くことでしょう。 しかし、高額になってくると、変動して下がってくるため、固定したほうが大きなデメリットになってしまうのです。

いったい自分の金利はいくらになるか

どんな金利が適用されるのか、それは明確にされていません。

利用限度額や年収を含めた返済能力によって変動すると考えるべきでしょう。

 

ここで単純に上限である14.5%が適用されたと考えると、100万円を超える借入額を考えると、かなりのデメリットになる可能性が出てきます。

なぜならば、変動する場合、12%以下になることも出てくるため、逆効果になってしまうのです。

50万円以下であれば、15%を超えるようなところに対して、確実に東京スター銀行カードローンが有利に働くようになりますので、低額の融資に向いていると考えることもできるでしょう。

 

当然のことですが、返済をしながら金利設定の交渉もできることもあります。

それも、ある程度返済が進み、確実に返済してきた実績を積めばということになるでしょう。

携帯電話の支払いが東京スター銀行カードローンに影響する?

東京スター銀行カードローンに申し込む場合、携帯電話の料金が審査に影響するとしたらどうでしょう。

普段から何気なく使っている携帯電話の存在が、重くのしかかってくるかもしれないとしたら、使い方も考えなければいけません。

一つ間違えると、大きな影響を与えるのが携帯電話であるということを、よく覚えておく必要があるのです。

携帯電話の実質ゼロ円に隠された真実

携帯電話を使う場合、実質ゼロ円といったものを選んだりすることがあるでしょう。

スマートフォンの登場から、ただでさえ高くなりつつある携帯電話の料金ですので、できるだけ下げたいのが当然です。

しかし、実質ゼロ円なだけで、本体価格は分割して支払っており、そこに電話会社の補助金が加算されてゼロ円になっていることを忘れてはいけません。

分割払いになっているのですから、これはローンを組んでいるということになります。

ならば、この料金を支払い忘れ、延滞してしまったりしたらどうなることでしょうか。

当然、信用情報機関に事故情報として記載されることになり、登録業者間で共有できる情報となってしまうのです。

 

この信用情報に延滞などが記載されてしまうと、東京スター銀行カードローンで審査を受ける際にも、大きなマイナスとなってしまいます。

実際にこれで審査に落とされるケースは非常に多く、大きな落とし穴になってきているのです。

 

延滞ということで情報が記載されるためには、一定期間すぎなければいけないという条件もあります。

これが61日以上ですので、3カ月滞納しているのであれば、非常に問題がある状態となるのです。

いつになったら消えるのか

過去に滞納したことがあったとしても、いつまでも情報が残っているというわけではありません。

永遠と記載されるものではなく、一定期間が過ぎれば、その情報は消されるようになっているのです。

その期間は、以前ははっきりしませんでしたが、現在では5年と設定されていることがわかっています。

 

自分で開示請求して確認することもできますが、過去に覚えがあるのであれば、5年程度は期間を空けることも検討するべきでしょう。

 

東京スター銀行カードローンを使い銀行に対する信用度を上げるために

東京スター銀行カードローンを申し込んでいる場合に、将来的に限度額を増額してほしいと思っている人は間違いなくいるでしょう。

金利の交渉も重要ですが、限度額の交渉もできることならばしたいところです。

そのためには、信用されることがポイントとなりますが、どうしたら信用度を上げることができるのかということを知らないと、確実に損をしてしまいます。

4日という微妙な日をうまく活用

銀行に対する信用度というものは、ほんの少しの工夫で変えていくことができるのです。

しかし、東京スター銀行カードローンを考えても、借りたら返済するということの繰り返しだけで、どこに工夫があるのか見当たらないことでしょう。

そこが落とし穴になっているのです。

 

方法としては、いたって簡単です。

返済日が4日に固定されているのですから、もっと早く返済すればいいだけのことになります。

よく考えてみると、中途半端な毎月4日です。

5日給料の人は、かなり予定していなければ返済できません。

月末や月初の人、25日の人も、うまく合うような日ではないでしょう。

だからこそ、返済日は26日に設定されたりするものなのです。

ここをうまく活用し、最低でも4日前あたりに返済してしまうのです。

 

単純に考えれば、月末には返済を続けていくだけで、銀行に対する評価は上がっていくことになるのです。

これが大きなポイントとなるのですから、活用しない手はありません。

裏付けデータがあるからこそ

なぜ、信用度を上げることができるのかといえば、まじめに返済する人で信用できるということにつながるからです。

非常に単純な図式ですが、実際にそうした行動に出る人は少ないといえるでしょう。

 

データ的にも、前倒し返済する人は、返済が遅れたりする確率が低くなるということがわかっています。

繰上げ返済をする人に関しても、同じような傾向がみられるため、こうした行動をとる人は信用されていくということになるのです。

 

4日は、かなり中途半端な返済日であり、変更することができません。

うまく活用することができれば、どんどんプラスになっていくのですから、活用していくべきでしょう。

東京スター銀行カードローンの返済方法と返済日の注意

東京スター銀行カードローンの特徴として、幅広く申し込みができる点があります。

さらに、金融商品として、平均以上の条件を兼ね備えており、かなり使いやすい商品であることは間違いありません。

デメリットもあったりはしますが、利用しやすいものであるため、選択したいという人もたくさんいるでしょう。

そこで、返済に関する条件も考えておくことが必要となるのです。

返済方法は口座引き落としのみ

東京スター銀行カードローンの場合、返済方法は2つしか選択することができません。

 

口座開設が一つの条件となっているため、その口座からの引き落としが一つの方法です。

 

自動で引き落とされるために、振り込みに行ったりすることがないため、手間は少ないことは確かでしょう。

しかし、残高がなければ引き落とされないことを考えると、うっかりミスをする可能性も否定することができません。

 

もう一つの方法が、ATMからの振込になります。

 

ただし、こちらは返済ということではなく、繰上げ返済になる点がポイントになるでしょう。

セブン銀行とゆうちょ銀行が利用できますが、こちらからの返済はできないようになっています。

それでも、元本を減らすことができるようになるため、積極的に活用していくことが求められます。

毎月4日固定の返済日の問題

返済日ですが、毎月4日に固定されているところが重要でしょう。

毎月4日というのは、25日振込や月末・月初振込であれば、対応することは難しくはありません。

ですが、5日振込になると、対応することができなくなり、前月分の収入で返済をしなければいけないことになるのです。

これは、かなり注意しなければいけないポイントで、自分の収入と合わせて考えなければ、大きな失敗につながることが出てきてしまうでしょう。

 

かなり特殊な部類に入ってきますが、これを変更したりすることはできません。

事前にできるだけの返済計画をしておくことが求められるでしょう。

東京スター銀行カードローンの返済方法をうまく活用するには

お金を借りることになる場合、返済する義務が発生してきます。

いったいどんな方法で返済することになるのか、実は異なってくるものなのです。

あまりはっきりと知らない人も多い返済方法ですが、ここを抑えておくと、計画もしやすく、負担も減らすことができるようになっていきます。

 メリットの大きい残高スライドリボルビング

東京スター銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビングです。

個人向けの融資では、かなり一般的な方法で、あまり珍しいわけではありません。

どんな方法かといえば、現在の借入残高によって返済額を決めるところにあります。

 

借入残高が大きくなればなるほど、返済額は大きくなりますが、返済を進めていけばどんどんと小さくなる性格を持っているのです。

残高が30万円以上あるのであれば、月々5,000円の返済を求められますが、もしも200万円あったとすれば3万円返済しなければいけません。

かなり差がついてきますが、月々の返済額が決まっていきますので、計画はかなり立てやすいといえるでしょう。

少額の融資の場合にも、月々の返済負担が少ないということもメリットとなります。

残高スライドリボルビングを活用するために

残高スライドリボルビングの場合、確かに便利な方法ですが、デメリットも忘れてはいけません。

どんな返済方式にも、すべて完璧なものはなく、それぞれ特徴のあるものだと理解しておかなければいけないのです。

 残高スライドリボルビングは、支払期間が長くなってしまう性格を持っています。

なぜならば、借入残高が下がってくると、月々の返済額が小さくなるからです。

支払期間が長くなるということは、それだけ金利がかかってくることを表しています。

つまり、返済総額は増えていってしまう性格になっているのです。

 

このままでは大きなデメリットのままですが、返済負担が減っていくことは確かですので、その差額を繰上げ返済することが重要でしょう。

繰上げ返済は、元本を直接減らすことができるため、短期間で返済を終わらす効果を持っています。

ここを抑えていくことが、東京スター銀行カードローンをうまく活用するポイントといえるでしょう。